思秋期からのオンガク思考

~ 感動する楽曲と日常と ~

穏やかな気もちを呼ぶ鏡容池の睡蓮

先日、京都にある龍安寺に行った。

そこで見た鏡容池の睡蓮。

観光客が多いため、静かとは言い難いが、気もちは穏やかになる。

癒し効果というものなのだろうか。

緑と水と睡蓮のピンクの美しさに言葉にできない感覚があった。

人間は生き物なんだと感じる。

 

加羽沢美濃さんの「睡蓮のパヴァーヌ」を聴きながら、鏡容池の様子を思い出す。

パヴァーヌはゆったりとした踊りの曲という説と、女性が踊る様子が、孔雀が尾羽を振っている様子に似ているため、イタリア語の孔雀に起源を持つという説があるそうだ。

私は孔雀がゆっくり羽を広げている感じがする。

睡蓮のパヴァーヌ

睡蓮のパヴァーヌ

  • 加羽沢美濃
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

この曲を聴いたイメージは、早朝、まだ頭が回転していない時間に水にポワンと次々咲く鮮やかな不思議な花。

だから、現実を忘れさせてくれる。

おとぎの世界のような感覚かな。

睡蓮は、画家モネも何枚も描いた花ですよね。

何か心をつかまれる花なのでは、なかろうか?

 

この曲と鏡容池の睡蓮は、イメージは合う。

お天気は曇りか雨がいいかも(^^;)

 

当記事ではアフィリエイトを利用していません

小満到来、青葉に宝石の雨と赤いバラ

暦の上では立夏は5月5日でした。。

そして明日は小満、万物が次第に成長し天地に満ち始める時期と出てきます。

青葉の色がほんとにきれいだな~と思う季節です。

私が住む場所は、今日は雨模様。

雨の日曜日です。

おそらく昨日一昨日の晴天で日差しを浴びた木々、葉っぱたちが恵の雨を頂いて、潤っていることでしょう。

また青葉たちは、みずみずしく美しく輝いてくれるでしょうね。

 

そういえば、先日、「翠雨(スイウ)」という言葉を目にして、今の時期にピッタリだな~と心の中で思ってました。

「翠雨(スイウ)」とは、草木の青葉に降りかかる雨のこと。

なんだか宝石のような雨に感じます。

葉っぱの雨粒、雫が宝石?なんてね。

ジブリ映画『耳をすませば』が、ふと思い浮かびます。

主人公の名は、確か雫ちゃんでしたよね。

 

我が家の庭のバラも葉っぱも、活き活きとすることでしょう。

宝石のような雨が降りかかったのですから。

星の王子さまにとっての赤いバラは唯一無二の存在であったように、

我が家の赤いバラも特別な存在です。

活き活きと綺麗に咲いてくれると、天候不順の年でも、いつもの季節が来たと嬉しく思います。

バラのロマンス

バラのロマンス

  • 加羽沢美濃 & ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

当記事ではアフィリエイトを利用していません

個性を程よくひき立たせる「モデラート」

音楽用語の「Moderato」、楽譜のトップに記載されている速さの記号。

なんともアバウトな言葉で、中ぐらいの速さでと音楽の授業で習った。

しかし、このイタリア語の意味を私が持っている本には、

美容院でどのぐらいの長さにしましょうか?と訊かれた時に、

「モデラートに」と答えると、それは自分に一番合った長さにという意味とのこと。

さらに、

それはただ単に長さだけを意味するのではなく、

それぞれの個性を最も程よくひき立たせるという意味が、根底に流れているとあった。

 

これだけではなく、他にも意味はある。

今日は上記の赤で記載したフレーズが印象に残った。

 

ミュージシャンの葉加瀬太郎さん、柏木広樹さん、西村由紀江さんで結成されている

NH&K

今、全国コンサートを催されている。

その彼らが演奏する

「moderato」

moderato

moderato

  • NH&K TRIO
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

暑くもなく寒くもない“モデラートな気候”のこの時期に

お互いの音をよく聴き合い、

それぞれの個性がちょうどよいモデラートなバランスで演奏されていることだろうと、

この曲を聴きながら感じた。

 

読んだ本

当記事ではアフィリエイトを利用していません

 

 

「♪ The water is wide 」(広い河の岸辺)の秘めた魅力

「The water is wide」(邦題:広い河の岸辺)という曲が気に入っている。

和泉宏隆さんのピアノ演奏でこの曲を知った。

優しい曲だな~と聴いていた。

 

ザウォーターイズワイド

ザウォーターイズワイド

  • 和泉 宏隆
  • インストゥルメンタル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

どうやらスコットランド民謡が原曲のようだ。

北欧系の曲は、私はよく好きになる。

歌詞もついていて、カーラ・ボノフさんが歌うバージョンを聴いた。

とても素直な歌声で、アコースティックギターとよく合う。

もちろん曲との相性も抜群に良かった。

 

The Water Is Wide

The Water Is Wide

  • カーラ・ボノフ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

歌詞を調べれば、なんだかふか~い意味があるようだ。

 

日本の映画でも使われていた。

映画『最高の人生の見つけ方』のサントラに入っていた。

The Water Is Wide

The Water Is Wide

  • 木戸やすひろ, HARUNA & ENA
  • サウンドトラック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

この映画は見ていないのだが、公開された時、チェックはしていた。

映画タイトルからこの曲が入っているということは、

この映画と音楽が合うってこと・・・。

なるほどな~~~

 

他にもカーペンターズのカレンさんの声にそっくりのシンガー、

SINONさんも歌っていた。

彼女もアコギでとても味わいある歌唱だった。

The Water Is Wide

The Water Is Wide

  • SINON
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

サブスクでは聴けないのだが、Superflyさんもカバーしていた。

試聴でしか聴いていないが、1コーラスは聴けた。

(下の試聴では1コーラス聴けない)

ロック色が強い彼女が、とても穏やかにやさしく歌う。

少し翳があるところが、魅力だね。

The Water Is Wide

The Water Is Wide

  • Superfly
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

この曲は笑顔の裏に隠された翳とでもいうのか?

それが私には魅力に感じる。

だから多くのミュージシャンたちが、カバーするのかもしれない。

 

当記事ではアフィリエイトを利用していません

Voctaveの歌声で聴くポジティブメッセージ

「On a Clear Day You Can See Forever(晴れた日に永遠が見える)」の魅力

アカペラグループ“Voctave”が歌う「On a Clear Day You Can See Forever」を聴いた。

ハーモニーがとても美しい。

美しいだけじゃなく、力強さもある。

人の声のエネルギーって、すごい!

On a Clear Day You Can See Forever (feat. Tituss Burgess)

On a Clear Day You Can See Forever (feat. Tituss Burgess)

  • Voctave
  • ヴォーカル
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

4月、新年度のはじまり。

 

今日は、よく晴れて暖かいというより暑いぐらい。

桜も葉っぱより花のピンクがまだ目立ち、お花見もされている方々もいた。

 

On a clear day

rise and look around you

And you'll see who you are

で始まるこの歌

 

お天気がいい日は青空を見上げよう!

世界は大きく広い。

目先のことに振り回されないで、大きな視点でみて、耳もすまして!

どんな星よりも輝いている自分を発見するから

 

とてもポジティブな曲ね。

2、3日は晴れの日が続きそうだから、この曲は合うかも。

 

元々はミュージカルの曲だが、ジャズ・スタンダードとして有名で、たくさんのアーティストがカバーしている。

 

当記事ではアフィリエイトを利用していません

春の訪れを感じるサウンド!「四月になれば彼女は」

今月は今日がはじめての投稿になってしまいました。

あわただしい毎日、年度末であれば、だれもがそうなんでしょうか?

そんな日でも、まだ上手に鳴けない“ホ~ホケ”と聴こえてくると、ほっとします。

春が来たなと。

 

もうすぐ4月

今、公開中の映画に『四月になれば彼女は』がありますね。

このタイトルみて、サイモン&ガーファンクルの

「April Come She Will」が聴きたくなりました。

久しぶりに聴いて、アコースティックギターのやさしい音に柔らかい声。

あらためて、イイ曲だなぁって思います。

April Come She Will

April Come She Will

  • サイモン&ガーファンクル
  • シンガーソングライター
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

そして、この曲をカバーされているバージョンも聴きました。

 

キーは高い方が私好み。

もちろんオリジナルが一番いいのですが、

これもハーモニーが美しいですね。

April Come She Will

April Come She Will

  • Close Enough
  • シンガーソングライター
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

森山良子さんのバージョンも、きれいでした。

4月になれば彼女は

4月になれば彼女は

  • 森山良子
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

で、公開中の映画のサントラは・・・。

映画をみたら、気に入るかな???

 

当記事ではアフィリエイトを利用していません

ミュージカル映画『カラー・パープル』の感想

心揺さぶる歌

なんとか上映時間に行けた。

みたかった『カラー・パープル』

1985年にスピルバーグ監督で上映された本作。

今回の作品は、スピルバーグはプロデューサーになっている。

そして、ミュージカル映画として公開されている。

 

今日の鑑賞者、5,6人だったかもしれない。

平日だからね。

ゆったりした空間で、いい作品を観ることができた。

ありがたい。

 

見るのがきついシーンもあるだろうと覚悟していった。

が、音楽の力ってふしぎね~。

 

ストーリーはかなり厳しいものだが、歌やダンスが緩和してくれる。

厳しいのに、楽しさがある。

理不尽なことばかりで辛く悲しいのに、勇気が湧き、楽しさがでてくる。

だからこそ、歌が音楽が心に響いて訴えかけてくる。

歳を重ねた主人公セリーが歌う「I'm Here」は圧巻!!

字幕で歌詞を見ながら、歌声と歌詞にジンジンしっぱなし。

I’m Here

I’m Here

  • FANTASIA
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

終盤の歌詞

私は今までの日々に感謝してるの

良い事も辛かった事も意味があるんだと

でも何より感謝するのは

私は本当の自分を愛せる人って事

 

私は美しいのよ

そう 私は美しい

 

私はここにいる

この歌詞は、今を象徴しているなって思う。

 

この作品みたら、自分の辛く悲しいことなんて、

大したことない。

嫌なことには、ちゃんと“No!”って言う勇気は、必要だと感じる。

これ以外にも感動したところはあるが、今回はこのへんで。

 

当記事ではアフィリエイトを利用していません