思秋期からのオンガク思考

~ 感動する楽曲と日常と ♪ ~

「ハクナ・マタタ」は魔法の言葉かも?

子どもにオススメ映画って、大人でも新たなことを知ることができたり、新しい感動もある。映画音楽の聴き方も成長する。

「ハクナ・マタタ」と聴けば、ディズニー映画『ライオン・キング』。

劇団四季ライオン・キング』は、ずいぶん昔、見に行った。

その時は、ストーリーに感動というより、魅せる効果に圧倒されてハイテンションになった記憶がある。

そしてたくさん笑った。方言でセリフを言う場面は特にね。

でも、「ハクナ・マタタ」にインパクトはなかった。

 

2019年の映画、実写版『ライオン・キング』を見た。

この本 ↑ に、さそわれて・・・。

「ハクナ・マタタ」、意味は「心配ないよ」

歌にもでてくる。

字幕では、「人生くよくよするな」とね。

ハクナ・マタタ

ハクナ・マタタ

ハクナ・マタタ

ハクナ・マタタ

 

心に影を持ったシンバは、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのブンバァと出会い、これを教えてもらって2匹とともに、砂漠の中のオアシスで穏やかに生活した。

そうすることで、悩み(自分のせいで父ムファサが亡くなった)が解決していった。

心の平穏を取り戻したのだった。

「ハクナ・マタタ」は、魔法の言葉ね。

 (本にはないが、ネットで調べると実際にもある言葉と出てきます。スワヒリ語

紹介した本で、このようなことが書かれてあり、映画みて、こういう考え方があるんだと納得していた。

本はここから、ティモンとブンヴァのような考えをもつ哲学を書いてくれている。

この本の内容は著者の見解であり、ウォルト・ディズニー社とは無関係のものと書かれてあります

 

そして、この後が。

幼友達のナラがシンバのところにやってきて、自分の故郷、国が危ないことを知らされる。

シンバが選んだのは!?

答えはご存じかと思いますが、オアシスで経験したことが活きてきたのでしょうか?

 

気が付くと、ライオンを人間に置き換えて見ている自分。

父ムファサが、シンバに話す言葉、素晴らしかった。

まるで自己啓発書にありそうな言葉が、物語に散りばめられていた。

でも、何よりググっとくる言葉は、

私が王として何より誇らしいのは、お前を息子にもったことだ。

シンバ、永遠に誇りだ。

 

最後に ♪「サークル・オブ・ライフ」、命の

サークル・オブ・ライフ/ナー・イゴンニャマ

サークル・オブ・ライフ/ナー・イゴンニャマ

  • リンディウェ・ムキゼ & レボ・M
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

最後にこの曲をじっくり聴くと、なんて素晴らしい音楽、楽曲なんだろう!って思う。

サントラを聴いていて、映像が、シーンが、頭にたくさん渦巻く。

 

 

音楽を担当したのは、ハンス・ジマー

組曲になっているこの音楽も、いいですよ。

The Lion King Orchestra Suite

The Lion King Orchestra Suite

  • provided courtesy of iTunes

 

本を通じて今までと違う見方をして、新たに作品の良さを知ることができ、音楽の聴き方まで成長したような気分になったね。