思秋期からのオンガク思考

~ 感動する楽曲と日常と ♪ ~

HIROSHIMAと一億の祈り

8月6日、今年はオリンピックやコロナ禍で広島原爆の日というのが、かなり静かな気がしました。

静かに祈りをささげる日と個人的には思うので、これでいいのでしょう。

 

広島原爆というと、平山郁夫画伯の「広島生変図」(ひろしましょうへんず)が思い浮かびます。

平和への祈りを込めた作品。

戦争を知らなくても、絵をみているだけで胸がしめつけられます。

猛暑どころではない恐ろしい熱さ、言葉では表現できません。

 

一億の祈り 

広島が舞台ではないけれど、戦争からアニメ映画『火垂るの墓』を思い出します。

ちゃんと見たのは1回だけ。

きつくて見れない。

火垂るの墓』実写版もあったとのこと、知らなかったです。

音楽がギターリストの渡辺香津美さんが担当されていたことも。

ギターリストの村治佳織さんが演奏されています。

music.apple.com

奏でられるトレモロが(同一音の急速な反復、震えるように聴こえる)、人の身体と心を表現されているように感じます。

 

詩人の長田弘(おさだひろし)さんの短い詩にこんなのがあります。

戦争は何もかもほろぼしてしまう。

しかし、戦争もほろぼすことのできないものがある。それは、何?

 

 この本にある質問です。

books.rakuten.co.jp

何てこたえようかと考えさせられますが、光が見えませんか?